GUIDE

​- ステンドグラスの選び方 -

ステンドグラスは色のついたガラスが特徴です。その色が灯りを付けた時にどう見えるのかを知りたい方も多いと思います。

とりわけ、ランプは実用性を兼ねているため、実際に自分の部屋で1週間程度つけてみて確認しています。感じ方に違いはあると思いますが、選ぶ際の参考にしていただければと思います。

ガラスの見た目と点灯時

ガラスの見た目で大きく3種類に分けてご説明します。

・透明(無色、色つき)

・半透明(透け感があるもの、透明/不透明ガラスの混合)

​・不透明(乳濁、一見透明感がないもの)

灯を点けた時の印象

○透明ガラスは、あまり見た目の変化はありません。

○半透明ガラスで透け感のあるガラスは色がはっきりして光を柔らかく見せます(参考写真:半透明ガラス左)。透明と不透明ガラスが混じり合うガラスは参考写真右側にある黄色のランプのような感じです。透明と不透明ガラスの配合バランスにもよりますが、透明ガラスが多い場合はそれほど見た目の変化は感じないと思います。不透明ガラスが多い場合は次の説明をご参考ください。

○不透明ガラスは、点灯時と消灯時で随分印象が異なります。

点灯時はガラスの持っている色が出てきて、よりはっきりした色が楽しめます。

その他、色の濃淡によっても印象が異なります。

淡色の場合は、灯を点けるとより淡い感じになり、濃色の場合は明るさが足され、色がはっきり出てくるといった違いがあります。

実際に部屋で使用する際はもっと明るい印象です。

(掲載写真はわかりやすさ重視で撮影しています)

照明(電球選び)

E17型ソケットを付属しておりますので、電球は20W/40W/60W/等(その他のワット数も市販されています)がご使用出来ます。

白熱電球

白熱電球はあたたかみのある電球色が相性が良いです。

「クリア」タイプと「フロスト(ホワイト)」タイプがあり、クリアタイプは写真のように壁への映りこみが割とはっきり出るのが特徴で、フロスト(ホワイト)タイプは光が柔らかいため映り込みも柔らかくなります。

LED電球

LED電球の場合は電球色、昼白色等、お好みでお選びください。(青みがかった昼光色はあまりおすすめしません。)

明るさの広がりがある「広配光タイプ」や白熱電球と同じ光り方をする「全方向タイプ」がおすすめです。電球の上半分をプラスチックで覆われているタイプは白熱電球に比べるとランプの上部がやや暗くなる印象です(写真参照)。

LED電球は熱くならないというメリットがあります。

因みに、白熱電球とLED電球かかわらず、メーカーによって電球サイズがかなり異なります。ランプシェードの内側に収まりやすいという点で小さめの方がおすすめです。

天井、壁への映りこみ

透明ガラスのランプの場合

透明ガラスを使用したランプは天井や壁への色の映りこみがございます。

光源が強いほど、映りこみも強くなります。

写真は白熱電球クリアタイプ40Wなので、映り込みがはっきりしています。フロスト(ホワイト)タイプやLED電球の場合は柔らかな映り込みとなりますので、映りこみが気になる方はフロスト(ホワイト)タイプやLED電球を使用することで軽減されます。

また、ランプのコードの長さ、壁までの距離、ランプの形状によって異なるため一概には言いにくいのですが、コードを長くして目線に近いほどランプの鑑賞はしやすく、天井・壁への投影範囲も広くなります。

カメラの設定は変えずに昼間と夜間の天井、壁への映りこみを撮影しました。昼間は窓から陽が入るような部屋ではそれほど気になりませんが、夜間は透明ガラスの色が存分に投影されます。

参考写真は赤系の透明ガラスのみで作ったランプなので極端な例となります。

半透明・不透明ガラスのランプの場合

半透明・不透明ガラスを使用したランプは色の投影はほとんどございません。

ガラスの気泡、しわ

ガラスに大きめの気泡やキズ、汚れ、割れに見えるシワがある場合がございます。ガラスの製造過程で出来たものですのでご理解をお願いします。

作品にとって問題ないと判断した部位を使用しております。ステンドグラスで使用するガラスの多くは一枚一枚個性があるものが多いです。歪なところもそのガラスならではのように思い、印象を著しく損なうような場合以外はこういった箇所も使用して制作しております。